趣味で宇宙開発を行う団体

    

団体概要

普段は宇宙開発に関わっていないサラリーマンが身近で誰でもできる宇宙開発を実現させることが目的です。

キューブサットを自分達で企画から製作、運用まで行っており、2機目は2022年6月まで地表約400kmを周回していました。その他にも探査ローバーの開発や、宇宙に願いを届ける宇宙ポスト、各種イベントへ参加しています。

製品情報・技術の紹介

超小型人工衛星の開発

当団体では超小型人工衛星(通称キューブサット)を自分達で企画、製作を行い、宇宙関連機関の協力を経て地球軌道である宇宙空間へ放出し、さらに衛星の運用管理まで行っております。当団体で2機目の人工衛星(RSP-01)は、2022年6月まで地球軌道上(地表約400km)を周回し、「地球をバックに自撮り写真を撮影する」などのミッションを遂行しました。衛星内部には自分たちで考えたミッションを実行するために選定、開発した機器が入っております。また、衛星には日本各地で「宇宙に願いを届ける宇宙ポスト」で募集した17,067通のお願い事も一緒に搭載しています。現在3機目(RSP-02)、4機目(RSP-03)の人工衛星を開発中です。

「宇宙」をキーワードに関連イベントへ出展

当団体はコロナ過蔓延防止対策を確実に行いながら各種イベントに出展し、宇宙を切り口として活動を行っております。近年は、テクノフロンティア、国際宇宙産業展、三鷹情報スペース企画展への出展、小学生向けICT教育関連へのサポートなど行政と連携し積極的な活動を行っています。また、趣味の団体である特色として自分たちで製作している人工衛星製作についての知識一辺倒ではなく、同じ宇宙でも星空観測に特化した星空の解説員、宇宙機器や部品の製造メーカー社員による、より専門的な宇宙機器関連の解説、保護者としての目線も持った教育関連イベントへの参画等、多彩な人材がそろっていますのでプロフェッショナルを超えるアマチュア団体としての活動実績があります。

出展者情報

出展者名

リーマンサット・プロジェクト

住所

江戸川区西一之江4-3-5

電話番号

03-6317-7753(Creative Works内)

ホームページ